« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

2008/07/31 「願わなければ叶う5つの真実」

昨年12月の記念すべき第1回の手相家まるちゃんの手相講演会にいらっしゃった有野真麻(ありのまあさ)さんの新刊、「願わなければ叶う5つの真実」のご紹介をしたいと思います。昨日も読みました。

今日で2回目ですね、じっくり読んだのは。彼の著作はとにかく読みやすいの一言に尽きます。

あっさり読める代わりに、読書後に非常に強い余韻がやってきます。普通、ぼんやり生きていては気がつかないところを、有野真麻さんは「しっかり見よ!!」と喝を入れてくれるようです。

願ってばかりの現代人、そこに広がるのは「境界線」。

この「境界線」は意味が本当に深いです。

理想と現実の「境界線」は今の自分をはかなく寂しくさせるものだったんですね。

じっくり読まれることをお勧めします。

http://books.yahoo.co.jp/book_detail/32105122

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

2008/07/30 「仲間うち」ってとっても有難い!

手相家まるちゃんのまぐまぐプレミアムメルマガは230号を数えました。手相占いの分野としては唯一のメルマガです。そのおかげだと思うのですが読者の数が非常に増えてきました。ありがたいことです。

昨日は仲間とお酒をのんべえ状態でして、メルマガ書いて、そのまま限界を通り越したのか寝てしまいました。それで昨日は更新できませんでした。

手相鑑定は非常に刺激があります。鑑定する側の話ですが、もしかしたら痴呆症の防止に良いのでは?!と思うほどです。

ちょっと話題が脱線しましたね。平日、仲間がいて、しかも同じような年齢でワイワイ盛り上がることができることは幸せなことだと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月28日 (月)

2008/07/28 日曜日は家族で散策&リフレッシュ 

今日は昨日の日記が結構、シリアスでしたので軽く行きましょう!

昨日は日曜日としましては、今年はじめて予定が入っていない一日でリフレッシュしてきました。

基本的に日曜日は手相を鑑定することをしていませんが、ここ半年ほどイベント依頼が多くて、なかなか休めなかったんです。

昨日は計画的にということで、とにかくリフレッシュしようと前日の夜に整体へ行って体をほぐして、名古屋市内の天然温泉で癒されました。

また、午後は急に思い立ち、家族で三重県は四日市へ散策に行きました。こういう時しか家内にプレゼントを買ってあげる時間がないもので、四日市駅前の近鉄百貨店でバッグをあげようと思ったのですが、なかなか家内の目にかなうものがなく、結局、名古屋駅の高島屋で欲しかったというバッグをプレゼントしました。

(名古屋駅によったおかげで私も東急ハンズでペンライトの交換用のライトを手に入れることが出来ました。ライトも案外、早く消耗するんですよね。。。)

家内には子供を任せっきりのところがあるので、こういう時にでも機嫌を直してもらわないと(笑)というか子育てのモチベーションを上げてもらいたいので。。。また、気温も名古屋は全国有数の暑さ、夏バテ気味ですし、とにかく元気になってもらわないと困るわけです。

そうそう、たまたま家内の話題なので、家内のことを書きますと、彼女はなかなかカンが鋭くって、彼女が言ったことはかなりの確率で当たります。

以前、数年前に家を建てたいと家内がある方から相談された時に、彼女一人「止めた方が良いと思う」と言ったんですね。周囲はみんな賛成だったのですが。
今は良いけど、数年後に困るんじゃないか、というんですね。それはよく私も記憶しておりましたが、数年して、実際に、家を建てたことで弊害が出てきたんですね。

そういうことが実際にあると、私も彼女を一目置くようになりまして、「これは大事かな」と思うことは彼女に軽くふることにしています。そうするとすぐに答えが返ってきて、ことごとく正しかったりする・・・。私は手相占いで家内は直感ですかな。得意分野は。

このあたりが私たち夫婦のやり取りの面白いところかな、とも思います。

今日はとりとめもない話題でした。今週は楽しいことばかりが予定されている一週間ですので、張り切って行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

2008/07/27 手相家まるちゃんも「蟹工船」若き日に読みました 

最近、古典文学というべき小林多喜二の「蟹工船」が大増刷のベストセラー!ということを耳にして非常に複雑な思いを抱いています。昨年までは月に5000冊平均で売れていたそうですが今年はここ数ヶ月で何万部も!この本が読まれる背景には世情不安と雇用に関する不安と諦めがあると私は思っています。

小林多喜二は私の生まれた秋田県鹿角市のお隣町の現在の大館市に生をうけています。いわゆる地元の有名人でもあるわけですが、日本のプロレタリア文学の代表的な作家です。

この「蟹工船」は国際的にも非常に評価の高い作品で数多くの国で翻訳されています。

詳細はwikipediaより抜粋しますね。

あらすじ
カムチャツカの沖で蟹を獲りそれを缶詰にまで加工する蟹工船「博光丸」。
それは様々な出自の出稼ぎ労働者を安い賃金で酷使し、高価な蟹の缶詰を生産する海上の閉鎖空間であり、彼らは自分達の労働の結果、高価な製品を生み出しているにも関わらず、蟹工船の持ち主である大会社の資本家達に不当に搾取されていた。

情け知らずの監督者である浅川は労働者たちを人間扱いせず、彼らは懲罰という名の暴力や虐待、過労と病気(脚気)で倒れてゆく。
初めのうちは仕方がないとあきらめる者もあったが、やがて労働者らは、人間的な待遇を求めて指導者のもと団結してストライキに踏み切る。
しかし、経営者側にある浅川たちがこの事態を容認するはずもなく、帝国海軍が介入して指導者達は検挙される。
国民を守ってくれるものと信じていた軍が資本家の側についた事で目覚めた労働者たちは再び闘争に立ち上がった。


【再脚光】
作者の没後75年にあたる2008年の日本では、新潮文庫『蟹工船・党生活者』が古典としては異例の27000部を増刷、例年の5倍の勢いで売れ、5月2日付の読売新聞夕刊一面に載った[1]。若者、特に就職氷河期世代に人気である。
就職氷河期世代の多くは非正規雇用などの不安定労働者であり、ワーキングプアも少なくない。一流大学を出ても就職ができずに苦しんでいる者もおり、小林多喜二の捉えた世界観は今日の若者の現状と通じるものがあることを示している。

(ここまで)

実際、働いているものにとっては過去の蟹工船で働いた方たちと現代の閉塞感漂う労働環境は非常に似通っているものといえます。

私が就職した1995年当時は就職氷河期時代でしたね。団塊ジュニアと表される私たち1972年生まれは結構、苦難の道を歩んできたように思います、正直。しかも、年功序列型社会の崩壊をその目で見て、しかもそれを確かめてきた世代ですから!よく分かりますね。「蟹工船」が今の若者に圧倒的に支持される理由は。

私は高校時代にこの「蟹工船」を小林多喜二が生まれた大館で通学電車の中、読みふけりました。当時、世にいう文学少年だったんです。(その当時も手相には非常に興味を持っていましたが、手相のとりこになったのは大学時代の東京ですね)

今や、年功序列型社会はほぼ原形をとどめていません。私は富士通に見られるような成果主義の失敗の教訓は、日本の全ての企業に生かされるべきだと思っています。ひょっとしたら日本には成果主義は土壌的に似合わないのかもしれません。賃金が頭打ちになった時に生まれるのは、仕事のやる気の低下ですから。そのあたりは、やはり少しづつでも毎年お給料が上がった昔の日本が良かったのかもしれません。下の者が50歳代の方を見て「あの人、あまり仕事しないけど、そこそこ給料もらっているんだろう」みたいな変な安心感があったように昔はあったと思うんですね。

今は、頑張っただけそれが会社に評価してもらえているか不明な部分もあり、仕事に対する意欲の低下があると今年の「労働白書」に出ていましたが、それはまさにその通りだと思います。

そこで世の中に絶望して、そこでなぜか自分ではなくて全く関係のない他人をあやめてしまうこの昨今の事件には、目を覆いたくなるものばかりです。

この国は、いったいどこに舵を向けて動いていくのか。

個人レベルでいえば、どんな意欲の湧かない環境であっても、何かひとつでもやる気を保つ対象物があればそれは非常に幸せなことと思います。結局は世の中の最初も最後も「自分」をいかに生き生きさせていくことができるか勝負なんだと思います。

幸い、私は過去においては職場にも恵まれて、仲間にも恵まれて、家族にも恵まれて生きてきましたが、人に言えないような苦労も葛藤もしてきました。その分、磨かれたんだと思いますが、今、たとえば絶望の日々を送っている方がいたら、鑑定うんぬんではなく、気軽に、メールや「無料手相カウンセリング」から世の中の不満や愚痴でもいいので、私は受け止めることができると思っていますので書いてみて下さい。

小林多喜二は最後は国によって葬り去られてしまいましたが、彼の思想や本当に言いたかったことは私も「蟹工船」を通じて学びました。彼は、死しても尚、その輝きを失っていないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

2008/07/26 私の大事にしていること 

私はアドレナリンが噴き出るような日々を送りたいと思っています。「日々、是、平凡」は絶対に嫌です。息をしている、それが生きることではあるけれど、それだけではつまらない時もあります。

一方で、手相鑑定をしている時が、自分の全てを出しきっているように思えるときがあります。

信頼のおける西洋占星術師の方から、以下のようなコメントを頂きました。(有難うございました!)

「0ハウスのノーアスペクト月だから、人間関係の表層上だけを見ないで、心で観るという感覚なのでしょうか。ディポジスターを観るとさらに、まるちゃん先生のおっしゃられる事柄がリンクしているので、さすがに上手く星を使っています。ドラマチックでアグレッシブな表向きとは裏腹に、他人の心理の奥底を読む力も、大変素晴らしいと思います。」

私は自分が皆さんからどのように思われているか正直、全く見当がつかないのですが、鑑定の時だけとは言いませんが、まずは手相鑑定で、全てを尽くす日々が私の人生の中で最も輝いている瞬間だと私は思っています。

ある意味、鑑定を通じて、皆さんの幸せを一緒に探すというその瞬間が、私にとっては「生きている」瞬間なのです。

ですから、とにかく鑑定の時間を大事にしたいと思っています。それがある意味、人生の目的になっているとしたら、何か遠くに目標があるのではなく、毎日のその時間が人生の目的を達成している瞬間と言っても過言ではないと思います。日々、目的を達成しているというのは感動があります。

それだけ手相は高尚だと思っていますし、道を開いていける素晴らしい学問でもあり、開運の道しるだと思っています。

時々、講演会をやっていますが、あれはアーティストのライブと一緒で、時々、「手相家まるちゃんは元気ですよ!」と日頃の腕を披露しなければいけない時もあろうかと。時々、大人数の前で元気な姿を見せるわけです(笑)

ですから活動はとにかく鑑定がまずは第一、あとは日本だけではなく世界中に手相を広く身近に感じて頂けるような活動にそろそろ入って行きたいと考えています。そんなことを私は真剣に考えています。

目の前の日本の方であれ、アメリカ人であれ、アイルランド人であれ、南アフリカの人であれ、誰もが手相に運命が記されていることを知ることがとても大事だからです。手相には国境はありませんし、誰もが簡単に分かる運命改善の必須アイテムになると良いと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

2008/07/25 惜しい!あと一歩で母校が甲子園だった! 

地震の多い東北の話題です。先日、私の出身県である秋田では甲子園予選決勝が行われました。残念ながら決勝では本荘高校に勝利を譲りましたが、後輩の頑張りに胸を打たれました。

私の高校の母校は大館鳳鳴高校です。私立高校みたいな名前ですが、公立高校なんです。

http://www.homei-h.akita-c.ed.jp/

歴史が古く今年は後輩が創立110年の記念すべき年に勝ち上がっていってくれていました。元々、文部科学省からスーパーサイエンスハイスクールに認定されるほどの進学校なのですが、スポーツも頑張る「文武両道」の精神を掲げる校風でした。 

応援する皆さんの熱いメッセージを見ていたら泣けてきました。

http://www.sakigake.jp/p/sports/08/koshien/message.jsp?inc=genre&gnum=3

 

みなさんも高校の母校には思い入れがあるのではないでしょうか。大学になると例えば、六大学野球で仮に明治が勝ったとしても高校ほど嬉しいと思わないのは、やはり地元に対する思い入れの違いのように思います。

折しも、先日、秋田県大館市在住の方を手相の通信鑑定をしたばかりでした。私はこの現代は地方の方こそ活躍できる時代に突入したと思っています。ネットというインフラを使えば世界のどこにいても工夫ひとつで活躍できますから・・・。ですから例えば、手相でもわざわざ名古屋までいらっしゃらなくても、電話で鑑定が出来て、夢と希望を未来に持てる。これってやっぱり素晴らしいことだと思うんですよね。

秋田を離れて私も随分と経ちましたが、地元の方に喜んでいただけるようなことを考えています。おそらく、今年の年末までには、元気になってもらえるようなことを提供できると思います。

手相家まるちゃんは地元の皆さんの優しさやご恩を忘れていませんよ!

もちろん、現在お世話になっている愛知県を中心とする東海地区の皆さんにも喜んでもらえることを考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

2008/07/24 岩手の地震に遭われた方、お見舞い申し上げます 

先日の手相家まるちゃん手相講演会でお話しました通り、講演会の会費を岩手・宮城地震の募金に役に立たせて頂こうとしておりました。その矢先、今度もまた岩手での震度6強の地震!地震に遭われた方、あらためてお見舞い申し上げます 

私の実家はお隣の秋田ですが今回も震度4と揺れています。しかし1ヶ月に2度も震度6とは・・・。不幸中の幸い(という言葉が適切か分かりませんが)今現在はお亡くなりになった方がいらっしゃらないようでそれは本当に良かったと思います。前回の地震を教訓にして家具を再度、設置し直した方もかなりいらっしゃって、未然に事故になるのを防いでいらっしゃったようです。

前回の地震の時もカテゴリーは「U2」のところに書きましたが、私も「手相、手相・・・」と舞い上がっていられません。先日の講演会ではわざわざ「これ、一緒に寄付してください」と別にお金を持参された方もいらっしゃいました。私は翌日、受付をしていた方からそれを聞いて、思わず、そのお気持ちを想像して、「ジ〜ン」としていました。人は助け合わなければいけない、と常々思っています。

どこかのホールでは明日から音楽の発表会だったそうですが、会場が使えないほどの被害だそうです。今まで一生懸命に練習してきた方、これにめげずに頑張ってください。

私も多少の寄付ぐらいしか出来ませんが、あと、「Don't dream it's over」という曲を送ります。訳せば、夢をあきらめないで、になるのでしょうか。元々はクラウデッド・ハウスの最も売れた名曲ですが、sixpence none the richerがカバーしています。「Kiss me」で一躍、人気者になった彼女の歌声で少しでも元気になって頂ければ嬉しいです。

http://jp.youtube.com/watch?v=E3NnewTgQDY&feature=related

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

2008/07/23 超マイナス思考に驚く・・・ その逆を行きましょうよ!

かなり以前に三重在住の方で、心配症で非常に顔色が宜しくない方が鑑定にいらっしゃいました。

手相を拝見すると、来年無事結婚することになっています。そのことをお伝えしますと「やっぱりですか。。。」と意気消沈。

いえいえ、ここは意気消沈する場面ではありませんよ、私は言いましたが、次に聞いた言葉、これは忘れられません。

「今、婚約しているのですが、来年、大殺界に入るので、婚約解消しようかと思っているんです」

私は「えっ?!今、なんと言いました?!」と何回も聞きました。

「ええ、ですから、婚約を解消しようかと・・・」

いやぁ、これは、あまりにも弊害がありすぎる考え方で、私は鑑定時間をオーバーしても、そのような考え方は間違っていることを滔々とお話しました。

だって、来年、素晴らしい開運線があるのですから!

周りにこういう方っていませんか?私は鑑定で驚くほど、マイナス志向にとらわれている方をよく見ます。私にはそういう思考回路がありませんから、正直、毎回、驚きます。

しかし、そのようにマイナス志向になっている方はそれが「当り前」になっているので、半年先の開運のお話をしても「多分、私、逃しちゃいます」なんて平気で言えちゃう・・・。

あなた自身の手相を信じるべきなのに、全く会ったこともない方のしかもマイナスの運勢に巻き込まれている・・・実にもったいない。

運を開くには圧倒的な明るさや元気こそが必要なんです。その逆をいかないように皆さんも気をつけられると良いと思います。そういう友人を見たら、気付きを与えてやってくださいね!

(その前に、これを見ているあなたがそのような暗くて発展性のない占いにとらわれていないかチェックしてください!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

2008/07/22 まぐまぐプレミアム唯一の手相メルマガ(抜粋)のご紹介 

今日は頭痛が酷い一日でした。昨夜は、倒れておりまして、更新できず、楽しみにされていた方ごめんなさい!本日は、さきほど配信した「まぐまぐプレミアムメールマガジン」の抜粋を久しぶりにご紹介したいと思いましたので掲載したします。

 ●

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

2008/07/20 感性を高める方法は身近に沢山あります  

さきほど静岡から帰って来ました。といっても手相ではなく、家族旅行でした。さすが連休の中日で高速道路は事故渋滞も多く、毎日配信しているメルマガがピンチ?!とも思いましたが、経路を変えて無事、帰宅後、配信完了しました。

家族旅行の頻度は多いほうだと思います。子供には沢山の夏の思い出を作ってほしいですし、なによりも旅行を通じて感性を高めて行ってほしいという私の願いがあります。

「感性を高める」といっても、大げさなことではなく、旅行や音楽、読書、様々な方との出会いを通じて少しづつ磨かれるものだと思います。

その中で出来ることをひとつづつ・・・というのが私の感性を高める自論となっています。

今年は夏だけでなく秋にもたっぷり旅行もして英気を養おうと思っています。それが昨日の100名規模の手相の講演会を終えたばかりの率直な私の今の気持ちです。自分のことも癒さないとね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

2008/07/19 いろいろとお疲れ様でした! 

暗号みたいな話題ですが(笑)今日一日を一緒に過ごした皆様、本当に有難うございました!

今日のことは私も素晴らしい思い出としてそっと胸にしまっておきますね!

明日は一日、静岡滞在です。「大井川SL列車の旅」に家族旅行です。完全燃焼後ですので、心身ともにリフレッシュしてきます!今日は短いですが、これから旅行の準備ですので、このあたりで・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

2008/07/18 転職で「天職」に就こう!

転職についての心構えについてお話しましょう。求人倍率がバブル期を越えているんですね、今。実際にその通りで、08年卒採用においてはついにバブル期を越えて過去20年のうち最高の求人総数(93.3万人 前年比で10.8万人も増加!!)となっています。「売り手市場化」がますます拍車がかかるということです。

しかし、景気は今、本当に曲がり角。こういう環境下の中、いかに自分の適性をつかんで自分を生かすかが問題ですね。

手相では確かにその方の職業上の傾向が分かりますが、ホロスコープに比べると情報量が少ない場合があるかと思います。様々な占いでみてみると良いと思います。私は職業の適性だけは、手相占いだけでなくてしっかりとあらゆる手法を使って見定めることがとても大切だと考えています。

今日は真面目すぎる内容だったかもしれません。最後に、少しリラックスして意外な自分の一面を発見出来るサイトをご紹介します。

ケイコとマナブ.netより

「所要時間5分!意外な発見ができる適職診断…資格と仕事.net」
http://shingakunet.com/career-g/mmag/080116/109.html

あっという間に画像を楽しみながら適性の結果が出てきます。これで実際にやってみましたら、私はアロマテラピーに
向いているそうです。ここでも癒しがテーマで出てくるのは不思議ですね!

詳しい適職診断については、いずれHP上で詳しく新規にページをつくって紹介する予定ですので、お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

2008/07/17 手相に導かれたと振り返るとそう思います

今日の手相メルマガには「幸せの連鎖」のお話を書きました。ついついメルマガでは開運テクニックを書いてしまうのですが、その奥底に想っている私の思いを書きました。

実のところ、皆さんも私も含めて、この世に命を与えられているもの全て、何かしら「環境を与えられて」生きているわけですが、その環境の中で精一杯やったのちに、次のステージに行くことが出来ます。

与えられた環境で最善を尽くしていく、というシンプルな生き方が、最も歓迎される生き方といって良いでしょう。

だけど頑張りたくても、頑張れない時がある。頑張れない人もいる。そういう人の事情も理解してあげないと、いつも「勝ち組」「負け組」という私が最も嫌いなフレーズばかりが世にはびこるような気もします。

まずは、「生きている」これが尊い。本当にそう。こうやって息をしている。これが最高。

世の中には頑張ろうと思っても頑張りきれない人がいる。道半ば挫折する人もいる。そういう時って誰もが何度か経験することですよね。私もそうです。何度も挫折してます。数学が出来れば東京の私立大学に行かずに秋田大学に入って、今頃、高校教師をやっているところです。とにかく数学が致命的に出来ませんでしたから、私立の大学を選ぶしかなかったというのが本当のところ。両親にも相当迷惑をかけたと思います。授業料が高いし、仕送りもしてもらいましたら。

(しかも、東京は秋田の実家からみて最悪の方位でした。)それから11年半、頑張ってもなかなか目が出ませんでしたね。だけど、東北人の粘り強さだけで頑張れたかな。

会社でもそうです。当時最年少で課長職についたけど、今度は仕事のし過ぎで倒れて降格もありましたし、いろいろとありました。おかげで仕事だけの人間からは脱出することが出来ましたが。始発で会社へ行って終電で帰ってくる生活からおさらばしましたね、その時に。振り返れば、良い時もあればそうでない時もありました。

まだ36歳ですけど、いろいろと経験してきました。その経験を全て活かすことができるのは、私にとっては手相だったんですね。(今は研ぎ澄まされた鑑定が出来ますけど、大学生の頃は荒削りだったと思います。でも、ずっとやってきて、本当に良かった。)

なぜなら、人の気持ちが分かるようになったから。幸せになってもらえるようなアドバイスも人の気持ちが本当に分からなかったら、薄っぺらいものになると思う。それが本当に身に染みて分かった。

これを読んでいる方には、「頑張りたくても頑張れない人」がいることを本当に分かってほしいです。そして、周囲にそういう方がいたら、是非、温かい視点で支えてあげて欲しいんです。

生意気なことを書いてすみません。今度はあなたが周りを幸せにする番かもしれませんよ。そして、それが今かもしれません。

また、もうすぐ明日になります。人生という旅路は続く・・・

http://jp.youtube.com/watch?v=dFHXlFdOEfk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

2008/07/16 国語の能力が知能線を良くし、人生を切り開く武器になる

私「手相家まるちゃん」はよく「丸山さん」と言われます。はっきりいって違う苗字なのですが、この丸山さんという苗字の方、活躍されているのでそれはそれでいいか(間違えられても悪い気がしません)と思います。 プロゴルファーの丸山茂樹氏しかり、この丸山弁護士しかり苗字にあるこの「丸」というのはなぜか人間関係が円満に行くという漢字なのです。

関東ではデパートのマルイ OIOI が有名です。 多くの人を呼び寄せるのです。それを象徴しているのが漢字の「丸」です。

さて、余談はさておき、私はこの手相占いのHPが縁で毎日、日記を書いています。これは幸い、文章の鍛錬にもなります。

国語力が最後には人間の成長を図る際の大きな鍵になるということを若い時に古典を読んで知った私は、国語力、文章力は高めれば高まるほど良い運勢も引き寄せることが出来ると考えています。

社長と他の役員や部長の違いは、この国語力にあるという有名な統計があります。

自分の考えていることをきっちりと表現出来れば 本人もストレスがないですし、周囲からもガッチリと信頼されるというものです。言語能力や表現能力、あるいは文章を書く力で出世まで影響するのです。

それはそうです。文章が下手糞だと伝わるものも伝わらないし、自分の意図していることが相手に伝わりにくいように思えるのです。

例えば、社内で稟議書を書いても一人よがりだと絶対に承認されません。最終的に国語の能力はその人の価値を決めてしまうのです。

それでは、どうすればその能力が高まるのかといえば、真っ先に「読書」の継続をお勧めします。

ベストセラー作家がなぜ、その地位を保つ事ができるかといえば、自分が自著で語る以上に、多くの書籍を読んで知識をそれ以上に吸収し、その能力もまた高めているからです。

何にしても読書は欠かさずにいけば、人間、現実的なこともうまくいくようになるのです。

その結果、頭脳が活性化されて、手相の知能線も発達してくるのです。

自分の関心のある分野から始めて、その道のプロとなる知識を得る。これがまず第一段階だと思います。初めの一歩というものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

2008/07/15 観音様に導かれる日々?!

私は現在、36歳ですが手相は機会があって、大学生在籍時から拝見しています。

そういう一風変わった略歴を持っているのですが、今振り返って、若い当時(今も若いですが)何が自分にとって良かったかと考えると、お客様の人生を沢山知る機会を得たことは何物にも代えがたいものがあります。

ただ、私も様々な経験をしてきましたので、皆さんの悩んでいることは自分の以前の悩みだったりすることが多かった・・・と思います。大学生の時に「君は苦労なく生きていくよ!」と周囲からは言われていましたが、ところがどっこい、結構、苦労もしてきました(笑)。

以前、土曜日に東京で鑑定を行った時に、なぜか浅草観音のすぐそばで鑑定をしよう!と思い立ち開催したことがあります。その時は、本当に観音様に導かれるような艱難辛苦?!を乗り越えてきた方たちばかりがいらっしゃって、驚いたことがあります(サイキックいわく観音様の守護がある人はある一定の艱難辛苦を乗り越えて本物になり、周囲を導く働きがあるそうです。確かにある意味、多方面に苦労してみないと本当の意味で物事を分からないのかもしれませんね・・・)

私は、サイキックと違い、特に何か見えたり聞こえたりするわけではありませんが私自身、結構、試されてきたなぁ・・・と思うことは多々あります。そういう経験がいろいろな方面で役に立っていることが、何か符号めいていて、今更ながら感謝、感謝の日々につながっています。

生きていることって素晴らしいですね。だから、現在がいまひとつ調子が良くなかったりする方も必ず開運時期には人生が大きく開けてきますので、人生あきらめずに、例え、絶望の日々であったとしても、頑張り続けると、きちんと、サイキックいわく「観音様からのご褒美がある」そうですので、一緒に頑張りませんか?

どんなことでも私の「無料手相カウンセリング」で相談してみてくださいね。

直接お答えてしていますので! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

2008/07/14 手相・人相は優れた統計学、そして解釈は楽しい! 

手相や人相は極めて優れた統計学のひとつと思っています。ひとつ例でいうと、大きな親指や長い親指を持っている人は、指導力が非常にあります。バイタリティも素晴らしい。

面白いところでは人相では二重まぶたよりも一重まぶたのほうが実は吉相と言われています。一重のほうが集中力が総じてあるようです。二重の方は私も含めて誘惑に弱い?!とか。

ちょっとした小話ですが、こういうことがまとまって分かると面白い!と思うのが人の常。時々、この日記でもこうした小話を通じて、占いに関心を持って頂ければ・・・と思っています。

そこが入口で良いんです。そうして自分の運命の奥深さにだんだん近づいていくのが、友人やお客様を見ていると面白いです。そして、方位や手相に夢中になっていく・・・かつての私のように(笑)

今日はメルマガもライトにこの日記も軽く書いてみました。それではまた明日!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

2008/07/13 手相占いのはずなのに方位ばかり鑑定する日々(笑)

私は本来、手相家ですので手相占いをする側ですが、昨日の土曜日もひたすらお客様から方位の質問を受けてお答していました。

昨日は、妊婦の方が2名、夫婦・カップルも多数・・・といった非常に珍しい一日でした。また、独身の方もいらっしゃいましたがその方たちは全て、まもなく異性と良い関係になる方ばかりでいた。これが何を意味しているのかは?ですが、鑑定はその日になってからそのようなシンクロニシティを実感するものです。まもなく何かが生まれる・・・という意味でしょうか?昨日の夜、少し考えてみたのですが、詳細はまだまだ神のみぞ知るといったことのようです(笑)

そういえば、無料手相カウンセリングも「手相」とうたっているにも関わらず、方位のご質問が非常に多い(笑)。私はそれでも、もちろんお答しますが、世の中のニーズは手相だけではなく方位にもある!ということで、いまいち気学の知識がないという占い師の方は是非、今のうちにマスターされることが望ましいと思います。できれば、傾斜宮もすぐに分かってお客様にお伝えしたりアドバイスできると良いと思います。

そうそう、最近、この日記を書けないほど多忙になっていて、更新を楽しみにされてる方、ゴメンなさい!昨日は夜、通信鑑定もあって、終了して、昨年12月から毎日配信のまぐまぐプレミアムのメルマガを配信したら、もう精魂尽き果てていました。今のペースでどこまで出来るか分かりませんが、両親から頂いた強靭な体力を駆使して、今後も頑張っていきたいと思います。

今度の土曜日(19日)は講演会ですね!こちらの準備もピークです。お席を増やしましたので参加ご希望の方は「無料手相カウンセリング」からお申し込みください。(入場料は2000円です)どうぞよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

2008/07/11 手相占いは当日に気づくことがいっぱい!

昨日の手相鑑定は珍しく全員の方が、九星が一白水星の方でした。
メールを返信した方までも一白水星の方でした。

昭和56年、昭和47年、昭和38年生まれの方が続々でした。

普段は、二黒土星、五黄土星の方が比較的、多く手相占いをしているように感じます。

今年だけに関して振り返れば節分過ぎからは八白土星の方が多いですね。
なにしろ節分明けから1年間、東に廻っていますから、「やる気」が出来てきて、
未来の幸運を早く知ろう!ということで私の手相鑑定にいらっしゃっています。

そういえば、一昨日は、なんと全員が超若い!25歳以下の方ばかりやって来ました。
中には、わざわざ東京からいらっしゃった22歳の大学生の方も!
(この方は三重県在住のお母様が鑑定を受けて、是非、私の鑑定に行きなさい!と
 言われていらっしゃったのでした)

そういうことも含めて当日になって知る面白さですね。手相占いは人気ですね!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

2008/07/10 手相の感情線のお話

手相占いにはまだまだ一般的に知られていない秘密が沢山あります。

特に感情線には感情線の流年法をはじめ、まだまだ公になっていない
貴重な情報があります。

(感情線専門の書籍がまだないですし、まぁ、それぞれ運命線専門の
本もまだありませんし、知能線もそうですし、生命線もそうですね。
そういう意味では・・・)

感情線は金星帯を除いて最も手相の最上部に位置する線です。

(金星帯はある人とない人がいます。私は金星帯はあったほうが良い
と考えています。)

この感情線は情感を表し、恋愛の傾向も分かりますし、どのような
感情の起伏を基本的に持っているのかなど様々なことが分かります。

また、この感情線だけは、激しく乱れているほうが良い!というのが
手相占いではっきりすることのひとつですね。

楽しい方、いつも前向きな方は感情線が乱れています。

私も乱れています(笑)この乱れるというのは、簡単にいうと、
感情線から枝分かれしている線が多ければ、そう判断して良いと
いうことです。

逆にスッと一本だけ入っているという感情線の持ち主は、もう少し、
遊びを覚えると人間的な魅力が高まります。

実直なことはそのままで良いのですが、面白みはあったほうが人生、
良いことがありますから!

私の手相鑑定を受けた方は、この手相占いの妙に触れて、手相に
はまってしまう方も多くいらっしゃいます。

私は小学生のときから手相に興味があって、はまっています!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

2008/07/08 フィンランドからお客様がいらっしゃいました 

今日の手相鑑定では遠くフィンランドからお越しになったご夫婦もいらっしゃいました。

フィンランド共和国の位置を正確に知っていらっしゃいますか?この国は北欧の国で西にスウェーデン、北にノルウェー、東にロシアと隣接する位置にあります。「森と湖の国」です。人口とGNPは北海道とほぼ一緒といえばイメージが湧きますでしょうか?今や携帯電話の生産量が世界一でヨーロッパ有数の経済大国になっています。

元々は昨年に無料手相カウンセリングで一度、お問い合わせを頂きまして、それから何度かメールのやり取りをさせて頂いて、3週間ほど旦那様のバケーションがあるので!ということで日本にいらっしゃいました。(奥様が日本人です)

私が無料手相カウンセリングを始めた当初のことでしたのでよく覚えています。おかげでフィンランドのことがとても詳しくなりました。私は音楽がとても好きなのですが、フィンランドではメタルが非常に盛んであることも再認識しました。いわゆるヘビ・メタですよね、ハード・ロックとも一線を画すあれです。

このご夫婦はお二人とも長い「旅行線」があって、まさに生誕地から離れて成功するという暗示がそのまま生かされていました。そうそう、ご主人が非常にシャイな方で奥様に聞いたら「日本人の男性とよく似ている」んだそうです。面白いことにこの国では男女が平等の思想が徹底していて、キャリアウーマンが多く、世界最高レベルの女性進出がありまして、象徴的なのは大統領が女性ということでした。

手相鑑定を続けているとこのように滅多にないような出会いが数多くあります。本当に有難い人生を頂いています。感謝の一言ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

2008/07/07 七夕は本当の自分の感情に出会おう!

今日は7月7日、そう七夕です。1年に1回、織女星と牽牛星の出会いの説話です。

さて、突然ですが、私は手相鑑定でも道場破りというわけではないのですが、これは!と思った方には必ずお会いして、実際に鑑定をうけてみて、参考にさせて頂く、あるいは自分の鑑定力アップのために血となり肉となるようにしています。

ホロスコープについては今度の7月19日の名古屋での手相講演会でも詳しくお話しますが、多くの皆さんの手相を拝見していると、最近では必ず、星の繊細な波動を非常に感じます。鑑定しすぎでちょっと敏感になっている感じですね。

そもそも手相の形状は太陽系の星の波動を二次元に表すものです。ここが本当に不思議なのですが、私が長年、鑑定をしてきて実感することなのです。

私のホロスコープは、これは初めてお話しますが、月がノーアスペクトなんです。ノーアスペクトというのは他の惑星と調和あるいは不調和の角度をとっていないということです。私は月が単独で浮いている感じですね。月というのは対人関係も表しますから、これはよっぽど対人関係に興味がないか、あるいは逆に非常に人間自体に興味がある、そのどちらかだというのが私の長年、西洋占星術をみてきた感想です。

私の場合は完全に後者だと思います。人間そのものに大変興味がありますから。もっといえば、人間の感情については本当に興味があります。しかも、薄っぺらい感情ではなくて、その人の持っている魂の力といいますか、本物の感情について、深く共感する部分が私の鑑定を支えていると自己分析しています。

ですから、私は普段の社交辞令?のようなものには、はっきりいって全然関心がありません。「あんた、本当はそう思っていないでしょ」とか思いますもの(笑)でも、本当の感情といいますか、そういうものには胸を打たれますね。鑑定中でも、そういう本音を垣間見ると、私も絶対に、お役に立ちたいと思いますよ。

「本当の自分の感情」というのは言い換えれば「魂の声」と言っても良いと思います。私の関心ごとはそこにあります。皆さんはどうでしょうか?

(音楽でも魂の音楽というか、U2やCocco、東京事変などの音楽に胸が苦しいほどに惹かれるのはそういうところがあるのかもしれません)

私はこう考えます。例えば、今、ここに生きている。息をしている。だけど、それが、本当にただ、生活するために生きているだけだったら、人生に何が残るかな?と。ただ生きているというのは、私は自分自身については許せない感覚があります。

きっと魂は、もっと高次元なものを望んでいるんだと思います。生まれてきた意味なんてそう軽々しく論じられるものではないと思いますが、まずは、「ここだけは譲れない」というものを人生においては最優先するべきだと私は思っています。

そう1年に1回くらいは自分の魂に向き合って真剣に人生を考えるのも悪くないと思います。私も今日、この新しい一日、自分と真剣に向き合って、また、新しく生まれ変わりたいと思います。

http://jp.youtube.com/watch?v=n0eg4yiBntU  

東京事変「私生活」 東京事変の中では「閃光少女」と並んで大好きな歌です。(祝!椎名林檎デビュー10周年!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

2008/07/06 「手相を書く」実践編・事務所探し

手相家としては昨年からベストセラーの「手相を書く」を実践して、その効果を自分自身でも検証するべきと考えています。

金ペンや銀ペンで「手相を書く」行為は、一般の方であれば日中は人の目に触れるので控え目になさると良いと思います。(笑)

最近、鑑定オフィスが非常に手狭に感じられるようになりまして、今日は日曜日ということもあって、家族総出で新しい鑑定オフィス探しの一日となりました。

朝、金ペンで太陽線にクッキリ書きこんで、いざ、出発!その効果もあったのでしょう。1日で選んだエリアの中では幾つも良い物件が出てきました。こういう物件探しはネットでは店舗としては難しいですから、現地で調べるのが一番お勧めですね。

名古屋は大須でここ1年ほど鑑定を行ってきましたが、ここ数ヶ月以内には新しい場所で鑑定を始めることになりそうです。かなり広いスペースで鑑定が出来ますので、今から私も相当楽しみなんです。

吉方位での事務所開きとなりますので意外な場所になるやもしれませんが、お楽しみに!

(7月19日の手相講演会は若干名、受付できる状況です。ご希望の方は「無料手相カウンセリング」フォームからよろしくお願いします) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

2008/07/05 手相の見方について

今日は土曜日の鑑定ということもありまして11時30分〜20時までビッチリ16名の方の鑑定を行いました。今年1月に私の鑑定を受けて、今日2度目の方をはじめ、見事、私の鑑定結果通り、結婚が決まっていたり、お礼を沢山言われた一日でした。

さてさて、「手相の見方について」、お客様から鑑定中によく聞かれます。あと「お弟子は取らないのですか?」という質問も多いです。「お弟子は取らないのですか?」については本日配信のまぐまぐプレミアムメールマガジンで答えます。申込初月は無料ですので、是非、ご購読くださいね!

手相の見方についてですが、私は左手から見ます。おおよそのその方の性質を把握してから右手を見ます。よく手相の本で手を組んで親指が上になったほうを見るとか下のほうになったほうの手を見る、ということが掲載されていますが、これには私は反対する立場をとっています。

なぜなら片方の手相しか見なかったらそれこそ「片手落ち」ですから。。。「片手落ち」という言葉は実は手相から出ているんですよね。両方をしっかり見て判断しなくてはいけませんよ、手相鑑定は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

2008/07/04 無料手相カウンセリングの話題から

「手相無料カウンセリング」で最近、かなりの方から「自分の手相に自信がない・・・」という内容の相談を多く寄せられています。具体的に読んでみると、ご本人様が大いに気にしている箇所が、私から見れば全然心配のないことだったりします。

心配する気持ちも良く分かります。私も若い時はそうでした。私の左手はしわしわの感性の手で、右手は大胆な手相で、正直、自分のことが良く分かっていなかった時期が18歳頃ですがありました。18歳といえば秋田で大学受験の勉強の真っ最中でしたが、休憩時間にストレッチをしながら時折、自分の手相を研究していました。

幸い、勉強の甲斐あって、翌年に明治大学に合格し、それから勉学と占いの道にまっしぐらとなったわけですが、19歳で手相を本格的に勉強し出して、まずは自分の手相の謎をひとつひとつ解明していきました。

私のように左手と右手がかなり違う方は30代の中盤に大きな運命の変化がある方が多いです。私のようなケースですと、30代の中盤まで「繊細でアーティスト系」、それ以降は「悩まずに自らを世に打ち出していく」傾向が強いです。実際、私も30代中頃から大きく運命のベクトルが変わってきた感じになっています。

現在、36歳で、割と思い切って行動できるようになってきました。これは以前に比べると私の中では大きな変化と言って良いでしょう。以前でしたら手相の講演会で120名以上のものをやろう!なんて怖くて出来なかったと思うのです。それが手相通り、大胆で行動的になってきている・・・。

手相も変われば、人生も変わる!ですから自分の手相を独断で悪い!とは思わないようにしましょう。私の鑑定では直接鑑定の他に電話鑑定やメール鑑定もありますので、今の自分の手相にいまひとつ不安な方は、思い切って、私に相談してみて下さい。

手相は本当にいろいろなことが分かります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

2008/07/03 手相のお客様と音楽三昧の会話

手相と音楽、どちらが好きかというと、音楽です。ハイ、キッパリ!でも、手相占いも寝食を忘れますね。

先日、「私、まるちゃん先生と同じ音楽の趣味かも?」と言われて、好きなアーティストを聞いてみたら確かにドンピシャリでした。

Coccoはシングルも良いですが、アルバムにあっさり収録されている曲がこのうえなく良いですね。

例えば、「夢路」、「ひこうきぐも」、「しなやかな腕の祈り」などは、日常空間を忘れさせてくれます。

最も好きなのは、多分「しなやかな腕の祈り」ですね。彼女しか作れそうにない遥かな歌。

初期の頃には思い入れたっぷりですが最新作のアルバム「キラキラ」は、ひょっとしてここ20年間の邦盤で最も素晴らしいかもしれない!と思う名盤です。

東京事変も半端じゃなく好きですが、椎名林檎が良過ぎる!他にも好きなバンドが多くって、ダウンロード代がかさみっぱなしです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

2008/07/02 手相の技術も大事ですが「ハート」を大切にしています

20080702.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知人から「HP、アクセス10万超えているよ!」と電話を頂きました。確かに・・・!

それで久々にHPの順位を試しに見てみました。数ヶ月、「手相鑑定」で1位でしたが、昨日あたりから、またYahooさんのいつもの順位変動があってひとつ順位を下げている様子です。

それでも「手相占い」で2位、「手相鑑定」で2位は、検索エンジンから評価!ですね。 

結構、まめに更新しているからか?HPへのアクセス数が確かに凄いです。つい1ヶ月前で7万アクセス程度と記憶しておりますから・・・ちょっと驚きですね、10万アクセスは。。。

最近では6月20日発売の「恋と相性運2008」(主婦と生活社)で初めて知りました〜!という方が自動予約システムから多数、ご予約を入れてくれます。あとは、Yahoo!検索で「手相 名古屋」とか「手相 岐阜」と「手相+都道府県」のパターンで47都道府県中、25の都道府県で私が1位ですので、通信鑑定も非常に予約が多い状態です。

年配の方によく言われるのは「まるちゃん先生は手相の技術とITの技術の両方を持っているから強いですね!」という言葉です。しかし、・・・ゴルフと一緒で確かに「技術」が大事とは思いますが、私は最も大事にしているのは「心」そう「ハート」です。

いくら技術があっても、ハートがなかったら意味がないと思うのです。鑑定を受けて明るく元気になって、「明日から頑張るぞ〜!」と思って頂ける、そういう元気の素みたいなものを絶えず自分の中に持っていないといけませんね!

現状に満足せずに更なる高みを目指して精進の毎日です。

なお、若干名ではありますが7月19日(土)の手相講演会、席を増やしましたので受付可能です。「無料手相カウンセリング」フォームからどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 1日 (火)

2008/07/01 手相鑑定を続けていると、運命線、生命線、太陽線に大きな変化が!

7月になりました!今年も早いですね〜。最近、超音速?!の日々です。様々なことが一気に押し寄せている感じの日々を過ごしています。

そんな中、7月1日はある仕事で3ヶ月準備していたことのフィナーレがありまして、詳しくは書けませんが非常に感動した1日になりました。4月1日に新しい環境になって、それから、全くの初心者で進めていた分野があったのですが、3ヶ月で少なくとも形になってきました。(詳細をここで書けないのが残念!)夜の通信(電話)鑑定も、またしても九州の方が続きましたが、良い鑑定になりました。

ご存じの通り、私の手相鑑定はお陰様で、鑑定予約システムの導入で、リアルタイムでの申し込みが可能になりました。日曜日以外はほぼ毎日鑑定をしていますが、7月はほぼ埋まっている状態です。8月はまだまだご希望通りに予約が可能です。

そんな中、私の手相は以前に比べてグーン!と良くなってきました。運命線も生命線も開運線が非常に濃くなりまして、また新しい開運線も増えています。そして何より、太陽線が太く4本クッキリ、ハッキリとなってきました!これは将来、4つの分野で大いに活躍できるという意味です。

7月は大人数の講演会もありますし、様々なことがありますが、何の変化もなくて、私が講演会を行うわけもなく、詳しくは書けませんが、いろいろなことが水面下で進んでいるのです。

それで今、一番の悩みは時間がない!ということ。睡眠時間を削るのは限界がありますし、私もスタッフ募集しようかしら!ネコの手も借りたいくらいです(笑)

ちなみにネコも犬も大好きです。また、そろそろ、飼いたいなぁ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »