« 2008/06/02 旅行線が発達している人にお勧めの開運方法はこれだ! | トップページ | 2008/06/04 手相鑑定の御礼のメールなど少し紹介します »

2008年6月 3日 (火)

2008/06/03 大吉方位へ行っても変化なし?の人にもこんな考え方はどうですか?

手相鑑定では職場の人間関係で悩んでいるという方が非常に多いです。私も長年、ビジネスマンをやってきましたからその気持ちはよく分かります。

ですが、人とのつながりは人生と一緒で工夫次第。逃げずに立ち向かうのが最上です。

人間関係だけでなく、行き詰まりを感じた時に私はよくこの文章の一節を思い出して、「何か工夫できないか」よく考えます。みなさんにご参考になればとても嬉しいです。

「くだもの一個であっても、おいしくなるようになにか工夫できる。

結婚生活やそのほかのあらゆる人間関係ならなおさらである。

人とのこうしたかかわりは、味見をしたり、だまって甘受するだけのものではない。

自らつくりだしていかなくてはならないものだ。

人のつながりは、そのときの天気や風向きによって快適だったりそうではなかったり
するような、ちょっとした日陰の類いとは違う。

そうではなく、自らが魔術師となって、雨を降らせたり、
よい天気にしたりするような、いわば、奇跡の場なのである。」

『アランの幸福論』齋藤慎子訳
受け身だけは限界があります。
何でもあと少しの工夫が限界点を越えて幸せになれるコツです。
 

|

« 2008/06/02 旅行線が発達している人にお勧めの開運方法はこれだ! | トップページ | 2008/06/04 手相鑑定の御礼のメールなど少し紹介します »

教訓」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191598/28790966

この記事へのトラックバック一覧です: 2008/06/03 大吉方位へ行っても変化なし?の人にもこんな考え方はどうですか?:

« 2008/06/02 旅行線が発達している人にお勧めの開運方法はこれだ! | トップページ | 2008/06/04 手相鑑定の御礼のメールなど少し紹介します »