« 手相講演会の終了後の速報?!です | トップページ | 「優しい」って手相にきちんと出ています »

2008年3月 5日 (水)

占いは「ツール」であって目的ではない

私も多くの手相鑑定をして来ましたが時々、人生ってドラマだな・・・と思うことがあります。

何かが起こる!? 巨人“魔の球場”でまたドラマ
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=423990&media_id=43


本日の鑑定には今年新たに起業しようと!決意されていらっしゃった男性の鑑定が最後にありました。

今回、2回目の鑑定で1回目の鑑定が数ヶ月前にあったのですが、その時に私が「2つ関東でお仕事が出てきますよ」と手相と気学を総合的に判断してお話しました。

すると今日の鑑定の前に立派なデザインの名刺を真っ先に渡されまして、「丸井さんのいう通りになった!」と満面笑みで迎えてくれました。

実際に関東で2つの仕事が始まるので!今度はどのように動いていったら良いか具体的にアドバイスをさせて頂きました。

私は普段、実際に起業した方への定期的な鑑定契約を何人もの方と結ばせて頂いて、その契約された方は実際に売り上げや利益も倍増しています。

そういう中で例えば、HPの見せ方やSEO対策、SEMといった手法、またはホロスコープによる開始の時期の判定等を惜しげもなくアドバイスします。

実際にただの占いのアドバイスのみで終わらせないところが、カッコ良くいえば(笑)ビジネスの最前線にいる私の真骨頂だと思っています。

ですから、実際に起業にも使えるんです、手相占いも方位学も。

占いは「ツール」です。それを生かすのが人間です。

(「時々、占いに使われている人がいてお気の毒になりますね。」
ここは私のHPには書かなかったんですけど、占いは【生かしてこそ!】だと心底思います。)

|

« 手相講演会の終了後の速報?!です | トップページ | 「優しい」って手相にきちんと出ています »

未分類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手相講演会の終了後の速報?!です | トップページ | 「優しい」って手相にきちんと出ています »