« シアトルからのお客様から学ぶ | トップページ | スピリチュアルな空間 »

2008年2月 5日 (火)

手相のライバル線について

このところ、第二火星丘にライバル線が入っている方が鑑定に多くいらっしゃってますので、今日はその話題です。 ライバル線がある方は、自分がここの分野では負けたくないというものがあって、その分野に関しては一生懸命にトライする方です。 私の鑑定ではよく「負けず嫌いですね」などということがあります。 先週の土曜日の鑑定の際にもこのライバル線が入った方がいらっしゃって、温和な方なのですが、こと仕事に関しては情熱を燃やして一生懸命な様子を感じとりました。 また、通勤時間がこの愛知県在住の方では珍しく2時間30分!かけても仕事を頑張る根気強さもあります。 愛知県や名古屋勤務の方はおおよそ1時間以内の通勤が大半なだけにこの2時間30分には驚きました。 (私が東京にいた時は片道2時間半でした。それを思い出しました。) 私もこのライバル線がくっきりと入っています。誰に負けたくないかといえば、まず自分自身に負けたくないと思っています。睡魔に負けたくない!というレベルですが(笑)。 つけくわえて言えば、ライバル線があって、向上線も出ている方は、間違いなく努力家で、誰も見ていなくとも目標に向かってまっしぐらの方で将来が相当期待出来ます。 すなわち、大成功する相ですね!

|

« シアトルからのお客様から学ぶ | トップページ | スピリチュアルな空間 »

手相」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191598/28790333

この記事へのトラックバック一覧です: 手相のライバル線について:

« シアトルからのお客様から学ぶ | トップページ | スピリチュアルな空間 »