« 運命の手術 | トップページ | 新しいHPができました!! »

2007年8月11日 (土)

☆久々に鑑定日記☆


昨日の鑑定した方が「まるちゃん先生、星占いって本当に当たるんですか?」と質問を鑑定中にありました。

ホロスコープという意味では100%当たります。

解釈さえ間違わなければ。

でも通常の雑誌に掲載されている自分の太陽の星座の「星占い」は
皆さん、どうでしょう?

当たっていると思いますか?

本当のことを書きますと、太陽の星座の意味は全体の30%ほどなのです。

ですからその30%だけ見て、解釈すると当たっているような当たっていないような消化不良のような感じを覚える方が多いのです。

だから週刊誌等の星占いは一般的には話のネタ程度なんですね。

太陽の星座ともうひとつ「月」を加味すれば、かなり当たるんですが誌面が足りなくなりますものね・・・。

太陽系の全ての星の波動を加味すれば、それは凄い的中率になります。



さて、時々、鑑定のその日の意味について考えることがあります。

ついこの間の日曜日は夫婦揃ってお越し頂いたのが何組も続きました。

先日は昭和55年生まれ(27歳)の方が4人も続きました!

この年の生まれの方は二黒土星です。


こんなものあります苗字が全て「林」がつく人が集まったり
(林さん、小林さん、大林さん、高林さん・・・)

元々その日は、何か傾向があるように仕組まれているような気がします。

ですから最近は、あまり驚かないようにしています。

だって、仕組まれているんですから!

そして最後は良い結果にしかならないようになっていると
信じている私がいます。

|

« 運命の手術 | トップページ | 新しいHPができました!! »

未分類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 運命の手術 | トップページ | 新しいHPができました!! »