« 復活!! | トップページ | 阿久悠さん »

2007年8月 1日 (水)

「マルちゃん」がメキシコで国家的人気


笑ってしまうニュースを見つけました!

「マルちゃん」がメキシコで国家的人気 
「かんたんにできる」という意味の動詞にも

Yahoo!ニュース - 産経新聞 - 日本の即席ラーメン「マルちゃん」 メキシコで国家的人気
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051022-00000029-san-int

<【ロサンゼルス=岡田敏一】日本の即席ラーメン「マルちゃん」がメキシコで国家的規模の人気食品になり、メキシコの伝統料理が危機にひんしている−。こんな記事を二十一日付の米ロサンゼルス・タイムズ紙が一面で紹介した。メキシコでは「マルちゃん」という単語が「簡単にできる」「すぐできる」という意味で使われるという>。

<「マルちゃん」ブランドを展開する東洋水産(本社・東京)は米現地法人「マルチャン・インク」を一九七二年、カリフォルニア州ロサンゼルス郊外に設立、北米、メキシコに出荷している。
 同社は「先日もメキシコの新聞が、審議を早々と打ち切った議会を『議会がマルちゃんした』と記事にした。いまや動詞として使われるようだ」と話している>。

これは面白い!!
それだけ売れているのもスゴいけど、新聞が<議会がマルちゃんした>って書いているとは。

メキシコで「maruchan」が出ているサイトを探して、以下のページを見つけた。

CRONICA - Las sopas Maruchan no tienen carne de res: Secretaría de Salud
http://www.cronica.com.mx/nota.php?idc=182066

何て書いてあるのかわからないけど、「Las sopas Maruchan」がたぶん、「Maruchan noodle」(マルちゃんヌードル)みたいな意味だろう。


(画像はCRONICAより)

この海外仕様のマルちゃん、わりとオシャレな感じじゃない?
日本でも売れば、けっこう売れるのでは。

東洋水産のサイトを見てみたら、「マルちゃん学園」というのがあった。

東洋水産 - マルちゃん学園
http://www.maruchan.co.jp/maruchan.html

マルちゃんに関する「図書館」という資料ページがあり、「マルちゃん物語」には、マルちゃんマークの変遷が載っている。



ひとつ前の「昭和のマルちゃん」、なつかしい〜。私が子供の頃は、たしかにこういう感じだった。

このマルちゃんのロゴは、海外のデザイナーにも人気が高いらしい。以前、どこかの雑誌か何かで(「BRUTUS」だったかな?)、海外の有名デザイナーに日本の会社ロゴの人気投票をやって、マルちゃんのロゴが1番人気になっていたのを見たことがある(これのソース知っている方、教えてください)。

ロゴがこれほど人気があり、さらに「動詞化」して新聞に使われるほどになったとは、マルちゃんの「ブランド価値」は、計り知れないものがある。

うーん、良い名前を選んだものだ!
わーい(嬉しい顔)


先日の2万アクセス目はマイミクさんではありませんでした。
今20132でした。ハヤッ!!

|

« 復活!! | トップページ | 阿久悠さん »

未分類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1191598/28790717

この記事へのトラックバック一覧です: 「マルちゃん」がメキシコで国家的人気:

« 復活!! | トップページ | 阿久悠さん »