トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月28日 (土)

2006/10/28 身近な人の手相をピタリ当てる

身近な人って?そう奥さんです♪

手相鑑定で何人も見てきたよ♪というと「私も見てヨ」と。

いつもはなかなか家では真剣に見ようとしないのですが(笑)

その日はマジメに鑑定しました。

そうしたら、なぁんと今年、開運じゃありませんか、奥様ヨ。

(1週間位前です)

じゃん、じゃぁーん、そしたらなんと家がひっくり返るような事件が今日起きてしまいました。

家内は私の影響でGCDFキャリアカウンセラーを目指してここ数ヶ月勉強していて名古屋で9月に受験していた結果が
本日、宅急便で届いたんです。

なんと一発合格!!!!

凄い、凄い。この資格を一発で取るなんて!

嫁の喜びようといったらなかったですねー、目をパチクリ。


「あなた、手相、当たったわよ♪」・・・。

ええ、手相家で15年やってますから・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

身近な人の手相を当てる♪

身近な人って?そう奥さんです♪

手相鑑定で何人も見てきたよ♪というと「私も見てヨ」と。

いつもはなかなか家では真剣に見ようとしないのですが(笑)

その日はマジメに鑑定しました。

そうしたら、なぁんと今年、開運じゃありませんか、奥様ヨ。

(1週間位前です)

じゃん、じゃぁーん、そしたらなんと家がひっくり返るような事件が今日起きてしまいました。

家内は私の影響でGCDFキャリアカウンセラーを目指してここ数ヶ月勉強していて名古屋で9月に受験していた結果が
本日、宅急便で届いたんです。

なんと一発合格!!!!

凄い、凄い。この資格を一発で取るなんて!

嫁の喜びようといったらなかったですねー、目をパチクリ。


「あなた、手相、当たったわよ♪」・・・。

ええ、手相家で15年やってますから・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

幸せな手相を鑑定して


ほのぼのした気持ちです。今日は才色兼備の女性の方の手相鑑定でした。

「創造するものは神に近い」心から応援してますネ!
必ずや将来、活躍しますよ!

それでは今日はこのあたりで。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国の方の手相鑑定に学ぶ「開運の時期」


昨日はなんと疲れていたのか21時から爆睡しまして2:30に目が覚めました!

2時台でもミクシィやっている人いるって凄いですね。

先週の金曜日にハリーさんご指摘の「ゴールド」さんの手相を見る機会がありました。

彼女は中国人で成績優秀で日本の大学院へ進学し、今に至っているのですが、私は彼女の手相を鑑定して非常に感銘を受けました。

なぜかといいますと彼女に「23歳の時に日本に来ましたよね?」と確認したら「そうです!」と。それは凄まじい努力の結果でそれから5年間非常に多忙な期間になるという線があったので28歳までは本当に多忙でしたねと指摘すると「そうなんです!」と。

聞くと大学院の勉強とアルバイトを幾つも掛け持ちして朝から晩までひたすら頑張っていたとおっしゃる。

これは運命線で確認しているのですがとても大変なんですけど充実した日々を過ごしたことが一目で分かりました。
良い意味です。決して悪い時期ではなく彼女の開運期でもあったんですね。

それからある時期に障害線があったのでその時期を言うと
「貴方は手相家ではなくて霊能者ですか?」と!
「いいえ、全くその筋ではありませんよ(笑)」と返しましたが、私がずっと当て続けたので驚いたんだそうです。

彼女の努力ぶりはそれこそ人の10倍以上でしょうか?
今では日本語ペラペラで社内報の校正までしてくれます。それも半端ではなくて日本人顔負けの指摘をしてくれます。

私はその努力ぶりにいたく感動し、最後にこう言いました。

「物事をスタートさせた、努力をし始めた時から実は全て開運期の始まりなんですよ!」と。

そうしましたら「嬉しいです!!」と。今まで誰にも言っていなかったらしいです、この5年間の大変さのことを。

いろいろ多くの方の手相鑑定をしていて思うのは、さきほど書いたように一生懸命努力しはじめた瞬間が開運の始まり!だったということです。

これは真実のひとつです。

努力をし始めた時は、もちろん、何もまだ形になっていないので本人も周囲の方もそれに気がつきませんが継続することによって、いつかは完成します。大きな実になって。

その完成の時期が開運のスタートではないですね!
何百人に確認しましたが、やっぱり努力を始めた時期に開運線が出ています。努力線とも言うくらいですから開運はやはり人間の意志、実際の行動からしか生まれないようです。

もちろんタナボタ式の開運もありますがその方法については手相鑑定の時にアドバイスしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年11月 »